家を建てるときの着工から完成までの流れガイド

照明器具の選び方

照明器具の選び方

照明によって部屋の雰囲気が大きく変わります。

 

光の色は、照明器具のデザインよりも、
強く室内の雰囲気を決定付けるため、
適切に選んでいくようにしましょう。

光の色

照明の色は、青みを帯びたもの、赤っぽいものなど
さまざまな種類があります。

 

・青い光

 

青い光は、昼光色と呼ばれます。

 

集中力を高め、活動的な場所に好まれます。

 

また、同じワット数の器具の場合、
電球色よりも明るく感じられます。

 

子ども部屋や細かい作業をする部屋に向いています。

 

・昼白色

 

最も自然な色合いの光で、汎用性が高いです。

 

天井に直接設置し、室内全体を照らす
シーリングライトとして用いられることが多いです。

 

全ての部屋で使うことができるでしょう。

 

・電球色

 

最も赤みを帯びている光の色です。

 

気持ちをリラックスさせる効果があり、
料理をおいしく感じさせる効果があるといわれています。

 

気分を開放したいリビング、寝室、
料理を味わうダイニングなどに向いています。

照明の種類

・門灯 

 

門に取り付け、表札や足元を照らします。

 

・ポーチライト

 

玄関周辺を照らします。

 

・ダウンライト

 

天井に埋め込み、直下を照らします。

 

・ブラケットライト

 

壁に取り付ける補助照明のことです。

 

・ペンダントライト

 

天井から吊り下げる照明のことです。

 

・シーリングライト

 

天井から室内全体を灯す照明のことです。

 

・足下灯

 

床の一部を照らす照明の事です。

 

 

このように、ひとくちに「照明」と言っても色々なタイプがあり、
色々な光の特徴があります。

 

用途に合わせて選んでいきましょう。