家を建てるときの着工から完成までの流れガイド

完成時に確認する書類

完成時に確認する書類

建物が完成し、立ち合い検査を行ったら、
鍵を受け取り、建物を引き取ります。

 

建物の引渡しでは、「引渡し確認書」に
署名をし、捺印をします。

 

このとき、さまざまな書類を受け取ります。

 

書類は、住宅会社によって異なりますが、
一般的には以下のようなものがあります。

 

・完成図(平面図、立面図、配置図、仕様書、水周りの配管図、電気配線図)

 

・建築確認済証

 

・検査済証

 

・瑕疵担保責任保険証券

 

・各機器の取扱説明書と保証書

 

・地盤調査データ

 

・地盤保証書

 

・アフターサービス保証書(任意)

 

完成した家を目の当たりにすると、
つい気持ちが舞い上がってしまいます。

 

ですから、書類の確認は後回しにしてしまいがちです。

 

しかし、書類の確認を怠ると、
後々大きなトラブルになってしまうこともあります。

 

書類にはきちんと手を通し、
不明な点がある場合は、
必ず担当者に説明してもらうようにしましょう。

 

特に、保証内容や保証の範囲、住宅の点検頻度については、
この時点で明確にしておく必要があります。

完成図面も確認!

完成図面も念入りに確かめておくことが必要です。

 

現場の完成図面は、リフォームが必要になったときに役立てるためにも、
工事途中に出てきた変更箇所などが、
きちんと反映されているかをチェックしておきましょう。

 

また、水周りは最もメンテナンスが必要です。

 

将来、漏水などの修理が必要になった場合に
役立たせることが出来るよう、
配管図も保管しておくようにしましょう。

 

さらに、完成図面、各設備関連の保証書、建築確認証、
検査済証、地盤調査データは、売買時に
土地や建物の価値を証明するために必要な書類です。

 

紛失しないように、大切に保管しましょう。