家を建てるときの着工から完成までの流れガイド

冷暖房効率を高める方法

冷暖房効率を高める方法

冷暖房効率を高めるためには、
屋外の暑い(寒い)外気をどれだけ妨げるかがポイントになります。

 

そのためには、「窓」と「断熱材」の性能を高める事が必要です。

 

また、以下のような工夫によって冷暖房効率を高めることができます。

冷暖房器具の位置

冷暖房器具は、部屋のドアからなるべく離して設置します。

 

ドアと冷暖房器具の排出口が近いと、
出てきた冷気(暖気)がすぐにドアの下から部屋の外に流れてしまいます。

 

そのため、冷暖房の効きが悪くなるので、
部屋のドアからなるべく離して設置するようにします。

植栽の整備

門や窓の周りに植物を植えて、垣根を作ることを「植栽」といいます。

 

落葉樹であれば、冬には葉が枯れて落ちるので、
暖かい日差しが入りやすくなり、
冷暖房効果が高まり、CO2削減にも貢献してくれます。

 

勿論、地球環境に優しい冷暖房効率を高める方法になります。

床暖房の利用

床暖房は、設置コストが下がってきたので、採用する新築住宅が増えています。

 

床暖房には「電気式」と「温水式」があり、
リビングなど一部屋だけに設置するのであれば電気式、
複数の部屋に採用するのであれば温水式を採用するとコストが安く済みます。

風通し

風通しをよくすると冷房効果がUPします。

 

風通しをよくすることで湿度が調整されるので、
エアコンの使用時間を短くすることができるのです。

 

ですが、大きな窓を作ることにはあまり意味がありません。

 

風通しをよくするためには、
風の入り口と出口をセットで考えます。

 

たとえば、各部屋に窓を2箇所以上設置し、
それらの窓をなるべく一直線に配置することで、
風通しがよくなります。

 

また、窓の高さを変えて配置すれば、
床面近くの低い窓から冷たい空気を取り込むことができ、
天井近くの高い窓から暖かい空気を抜くことができるので、
空気の循環が更によくなります。

畳の利用

畳は暖房時には暖かさを、冷房時には涼しさを保ってくれます。

 

更に除湿機能があるので、部屋がじめじめせず、
特に蒸し暑い夏に効果を発揮します。

カーテン丈の調節

カーテンは、窓全体を覆う大き目のサイズにすることが必要です。

 

窓を覆いきれていないと、そこから部屋の涼しさや暖かさが逃げてしまいます。

エアコンのフィルター掃除

エアコンのフィルターを掃除することによって、
それだけエアコンの機能が高まります。

 

購入後、3年以上掃除をしなければ、通常よりも30%以上電気代が増えるといわれています。

 

また、室外機の前に物を置くと、機能が低下するので注意しましょう。