家を建てるときの着工から完成までの流れガイド

地鎮祭と上棟式

地鎮祭(じちんさい)とは

地鎮祭とは、着工前の吉日を選んで行なわれる伝統的な儀式です。

 

地域の神社の神主を招いて行なう神式が一般的で、
家などの建物を建てる工事を始めるにあたって、
その土地の神様を鎮め、工事の無事を祈ります。

 

地鎮祭に参加するのは建て主(施主)とその家族、
建築施工を行なう職人、設計者、工事関係者で、
費用は神主へのお礼が1〜2万円ほどです。

 

また、お供え物も1〜2万円かかります。

 

これらの費用は、地域によって相場があるので、
住宅会社の営業担当などに確認してみてください。

 

さらに、工事関係者にはご祝儀を渡す地域もあります。

 

その際の金額は、棟梁や現場責任者、設計者には1万円程度、
その他の職人には5000円くらいです。

 

現場で飲食をすることは少なくなった昨今ですが、
一人2000程度のお弁当やお酒を手土産に用意することもあります。

 

そのあたりも、住宅会社の営業担当などに確認してみてください。

上棟式(じょうとうしき)とは

上棟式とは、基本構造ができたら行なう儀式です。

 

基本構造が出来上がり、棟木を上げる際、
今後の工事の無事と職人たちへの感謝を表す儀式として行ないます。

 

本来は神主を招いて行なうのが古くからの慣わしですが、
最近は棟梁が中心になって進めることが多いです。

 

祝儀は、神主の代理を務める棟梁に、
地鎮祭よりも多めの1〜2万円を包み、
職人さんたちには一人5000円が目安となるようです。

 

住宅会社の営業担当などに確認してみてくださいね。

近年は地鎮祭のみ行なう

近年は、地鎮祭も上棟式も徐々に縮小傾向があります。

 

職人気質の関係者が多い場合は、
意味のある伝統儀式である地鎮祭と上棟式を執り行わないというのは
抵抗があるようですが、徐々に縮小され、
上棟式は行なわず、地鎮祭だけを行なうというケースも増えつつあります。