家を建てるときの着工から完成までの流れガイド

家の防犯対策

家の防犯対策

新築住宅に、防犯対策はどこまで施せば良いのでしょうか。

 

人の気配がなく、周囲から注意が向きづらい家は
空き巣に狙われやすいです。

 

ですが、家の中が見えないように、
植え込み等で目隠ししすぎてしまうのも、
侵入者が潜む空間を作ることになってしまうため考えものです。

 

防犯対策は、プライバシーを守りながら、
ある程度外部から目が届くような構造にしておくとよいでしょう。

 

どうしても死角が出来てしまうときは、
門灯や庭の外灯などの照明、警報機等を設置しましょう。

効果的な防犯対策

・鍵

 

空き巣の手口で最も多いのは、窓ガラスを破壊し、侵入するケース。
そして、錠開け・錠破りだそうです。

 

ですから、鍵を二重にする対策などが効果的です。

 

空き巣が1個の鍵を開ける時間は3分程度だといわれています。

 

複数の鍵がついていれば、時間がかかるので侵入しにくくなります。

 

また、指紋認証やカードなどの電子錠、
不正開錠すると数分後にロックがかかる多機能錠も検討してみてください。

 

・格子や鎧戸

 

トイレや浴室の小窓は、鍵のかけ忘れが多いので、
格子を設置すると良いでしょう。

 

また、浴室には、採光・通風・防犯を兼ねた
可動ルーバー(鎧戸)をつけると、覗き防止もできます。

 

・シャッター

 

シャッターは、防犯だけでなく、
台風などの暴風雨、防寒(防暑)対策にも役立ちます。

 

採風タイプのものは、夏に窓を開けて休みたいときにもとても便利です。

 

・インターホン

 

見慣れない人が訪ねてきたときは、
ドアを開けていいものかどうか迷います。

 

そのようなときに、録画機能付きインターホンがあれば便利ですし、
音声を変えて対応できるインターホンなども良いでしょう。

 

さらに、インターホンには、防犯灯やセンサーカメラを組み合わせると
より安全性が高まります。

 

・アラーム

 

不正な手口でドアや窓を解錠すると警告音が鳴るアラームの取り付けも有効です。

 

・センサーつき照明

 

人が近づくと点灯し、離れると消える「人感センサー付き照明」も有効です。

 

・砂利

 

門から玄関まである程度の距離がある場合は、
踏むと音が出る砂利を引いておくと、
音によって不審者を発見しやすくなります。

 

このように、色々な防犯対策があります。

 

家にあったものを取り入れてみてください。